事業紹介   組合紹介   問い合わせ
   
はしけ輸送事業 コンテナフィーダー輸送事業 公共建設発生土運搬事業
警戒船事業 船舶給水事業 ボートパーク事業

昭和30年代、港湾の主流は「はしけ」であった。高度成長期には「はしけ」が不足した。沖には荷役待ちの船が溢れた。国は急遽「船舶整備公団」に命じ、「はしけ」を増強させた。神武、岩戸等の好景気をも反映して、昭和45年前後には横浜港の「はしけ運送」はピークに達した。
しかしながら、以降「はしけ運送」は経岸荷役とコンテナをはじめとする革新荷役の波に押し流され、その主役の座を失い、運送貨物は漸減の一途を辿ることとなる。
現状の「はしけ運送」は、輸出のプラント、千葉方面からの同じく輸出の鋼材、サイロ調整のための一時的な蔵はしけ及び一部陸⇔陸間の飼料輸送のみで、輸入はゼロ、ピーク時の5%前後の取扱貨物量に甘んじている。
「歴史は繰り返される」とは先人の名言である。今、我々はこの言葉をかみ締めながら陳腐化した「はしけ業」の再来を図るべく「コンテナフィーダー輸送事業」を展開した。