事業紹介   組合紹介   問い合わせ
   
はしけ輸送事業 コンテナフィーダー輸送事業 公共建設発生土運搬事業
警戒船事業 船舶給水事業
   

東京⇔横浜、千葉にいたる東京湾エリアでは、横浜港・東京港がスーパー中枢港湾に指定されたこともあり、コンテナ海上輸送のニーズがますます高まっています。
新たに誕生した次世代型コンテナ海上輸送システムは、在来型「はしけ輸送」の概念を根底から払拭し、その安全・確実・迅速な大量輸送能力により、優れたコストパフォーマンスを発揮します。さらに陸上輸送への過度な依存を回避し、大気汚染の緩和に貢献できるだけでなく、エネルギー消費の節約に加え、災害などの緊急時にはバージの優位性を生かし、海上ルートを確保できます。

 


CFTビデオ

横浜港湾局
コンテナフィーダー輸送を
もっと知ろう!



CFTパンフレット